東京都北区十条のタウン情報サイト。十条の便利で楽しいスポットを一挙紹介!

ホーム特集スポット一覧ショップ情報当サイトについて無料店舗登録
_
※このサイトはJavaScriptを使用しています。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用ください。
無料店舗登録 掲載店募集中
がんばれニッポン!災害になんかに負けないぜ!!
_
  • ホーム
  • 十条ってどんな街
  • 十条の歴史
十条ってどんな街

十条の歴史

1448年(文安5年)の熊野領豊嶋年貢目録に初見される。
由来は新編武蔵風土記による豊島清元が熊野権現を勧請した際紀州の十条峠に因んでつけたとする説と、新修北区史による古代の条里制に基づくという説がある。

王子方面から岩淵を経て埼玉県へ抜ける旧岩槻街道(別称:日光御成道や鎌倉街道 ※現在の東京都道460号中十条赤羽線)が通り、元々はこの街道を中心に集落が広がっていた。
南から、街道沿いにある地福寺は「十條村のお地蔵様」と昔から信仰を集めた。

毎年7月1日の富士山の山開きの日には、富士神社(十条富士塚)では大きな縁日(通称「お富士さん」)が催される。

西音寺も古い由緒の寺で、門前には「武州豊嶋郡十條村」と記された1748年の宝篋印塔が残っている。

八雲神社から東京都道318号環状七号線(環七通り)を渡り清水坂を経て、街道は赤羽へと続く。 東京都道318号環状七号線(環七通り)と東京都道455号本郷赤羽線が交わる姥ヶ橋交差点脇には姥ヶ橋延命地蔵尊があり、供養碑には1724年の建立銘が見られる。ここでは毎年8月24日に縁日が催されている。

また、十条仲原2丁目の日枝神社(1689年創建)には、1667年建立の青面金剛尊の庚申塔があり、1976年(昭和51年)に塔の建立300年を記念して十条仲原庚申講が復活している。

十条駅の歴史

1905年6月10日
(明治38年)
日本鉄道の十条駅(初代・貨物駅)が開業。
1910年11月1日
(明治43年)
国鉄の駅として2代目の駅が開業。旅客営業のみで、山手線に所属。
1985年9月30日
(昭和60年)
埼京線運行開始。
2010年11月1日
(平成22年)
開業100周年。
 
PAGETOPへ
Copyright (C)2010 HotTown Ju-jo All rights reserved.